スクリーンショット_2019-03-13_14

第1話 まずは前枠「ほんとうに初めまして。」

水曜どうでしょうカメラ担当ディレクター・嬉野雅道と、SHARP公式の中の人・シャープさん。大阪で語り合った連載の第1話をお届けします。(聞き手:嬉野珈琲店、T木

水曜どうでしょうD陣×SHARPさん対談イベント@大阪 9月25日開催!
詳細は以下ページをご確認ください!


----------------------
嬉野さん:
こんばんは。

T木:
こんばんは。

シャープさん:
よろしくお願いします。

T木:
お二人はきょうが初めましてなんですよね?

シャープさん:
はい。

嬉野:

あのー、うち(水曜どうでしょう)の「本日の日記」にね。

T木:
はい。

嬉野:
今日のことを書いたら、うちの広報の女がさ、それ見て走ってきて。

T木:
広報の女……(笑)

嬉野:
「先生、シャープさんとお話するんですか!?」って血相変えてさあ。「そうだよ」って答えたら、「すごい! シャープさんって40万人もフォロワーがいるんですよ」って。

T木:(笑)

嬉野:
「大物だな」って言ったら「超大物です!」って言われましたよ。

会場:(笑)

画像1


T木:サラリーマンのなかでは、嬉野さんもなぜかファンが多いですが……。

嬉野:
平社員なのにね。おかしなことだよねえ。シャープさんも平社員らしいですよ。

シャープさん:
平社員です。

嬉野:
さっき控え室でその話を二人で、ね……。

シャープさん:
(うなずく)

嬉野:
こっちは番組21年やってて。「やっと追い風が吹いてきました」って言ったら「21年ですか……」って。

シャープさん:
(笑)

T木:
シャープさんはツイッターを始められたのが2011年なので、いまで6年くらいですよね…?

シャープさん:
そうですね。

T木:
まずはそのあたりの歩みを聞かせていただければと思います。

嬉野:
私もそれは、ぜひね。聞いてみたい。

T木:
スライドを用意いただいてますので、たっぷりと。

嬉野:
シャープさんのことは、さすがにツイッターに明るくないぼくでも知ってるわけですよ。

T木:
どうしてなんでしょう。

嬉野:
「シャープ」という企業名に「さん」をつけて、企業内の個人が「シャープさん」としてそれを背負う。そこに、ものすごい親しみを感じるんです。

T木:
嬉野さんとも似ている……、と感じます。

嬉野:
うん。そういうの好きだなって思いましたね。ちょうど我々が「水曜どうでしょう」でホームページをやりだした2000年から2005年ごろ、お客さんから「HTBの人はみんないい人に思えます!」って言われるようになったことがあった。これは、しめたもんじゃないですか

T木:
(笑) HTBという全体を?

嬉野:
そうそう、企業全体を「いい人」だと。「そんなわけなかろう!」と思いながら。

会場:(笑)

嬉野:
でも、そういう風に勝手にみなさんが思われるってことは、個人というよりは企業にたいして「あの企業っていいなあ」って思いたいという欲求が前提としてあるんじゃないかなと。

T木:
なるほど……。

嬉野:
だったらその前提に乗っかっていくのがいいんじゃないかな、と思いましたからね。シャープさんが、みなさんの共感を得ているというのはよくわかるし、とってもいいことだな、と。
(つづく)
----------------------

お読みいただきありがとうございました。本日はあくまで「前枠」です。明日からはいよいよシャープさんの「つぶやきの歴史」を紐解きます。
ぽつりぽつりと語りはじめるシャープさんと、ドンドン興味を持っていく嬉野雅道の、新鮮な温度感をお楽しみに。
(明日の記事「行きがかり上、中の人やってます」に続きます)

《連載目次》
第1話(3月13日)
まずは前枠「ほんとうに初めまして。」
第2話(3月14日)
「行きがかり上、中の人やってます」
第3話(3月15日)
「宣伝しながら宣伝しない」
第4話(3月16日)
「『ありがとう』に泣かされる」
第5話(3月17日)
「炎上の火中、エモさで飛び込む」
第6話(3月18日)
「水曜どうでしょうVSコンプライアンス」
第7話(3月19日)
「会社に頼らず、ファンに頼る」
第8話(3月20日)
「テレビ局をやめようと思った日」
第9話(3月21日)
「前向きに、友達を減らそう」
第10話(3月22日)
「注釈は、堂々と言えば、文脈になる」
最終話(3月23日)
「幸せな働き方ってどんなものですか?」

◎嬉野雅道の初エッセイ「ひらあやまり」ついに文庫化!

シャープさんの解説文も読めるお得すぎる文庫本は、3月23日発売です!
表紙はアニメ「進撃の巨人」を手がける浅野恭司さんの書き下ろし。あくびするねこのイラストに思わず頰がゆるみます。
Amazonにて、絶賛ご予約受付中!どうぞよろしくお願いします。

◎水曜どうでしょうディレクター藤村忠寿・嬉野雅道と人生を旅するマガジン 『Wednesday Style』創刊!

水曜どうでしょうディレクター(D陣)藤村忠寿と嬉野雅道が、毎月多彩なゲストを編集長にむかえてお届けする月額マガジン「Wednesday style」。3月のゲスト編集長は、ライター・カツセマサヒコさんです。テーマはあえて直球の、「テレビとインターネット」。好評購読受付中です!


(今後のゲスト編集長:SHARP公式さん病理医ヤンデルさんたらればさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

丹念に丹念を重ねてスキですよ
173

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。