見出し画像

嬉野珈琲店、noteで新装開店いたします。

嬉野です。
このたび「嬉野珈琲店」も、ここnoteさんへお引っ越しいたしました。
「言葉の切れはし」ともども、ご愛顧いただけますと幸いでございます。
これからもよろしくお願いしますね。
ーー店主・嬉野雅道より

《嬉野珈琲店とは?》

ようこそ。いらっしゃいました。
「嬉野珈琲店」人知れず開店でございますーー。

そんな言葉とともに、1年と少し前にオープンした嬉野珈琲店。
「水曜どうでしょうディレクター・嬉野雅道がカウンターに居るメディア」、そして、行きがかり上つくってしまった「うれしーの珈琲」を、通販でお届けするための「喫茶店」という設えのサイトです。

「ローカルテレビ局に勤務する平社員が通販を始める。なんじゃそれは!という、これは夢がありますね(^^) 」

「このサイト、通販以外には何も決まってない。それなのに、とりあえずと始めてしまったという実に呑気なサイトです。」

「どーぞみなさん、できるだけ油断してお集まりください。」

この場所で、呑気だけれど真剣な「私」と、油断しながらも熱心な「あなた」が、珈琲と言葉を通じて出会ってきました。

これまでは個人の手作業でコツコツとサイトを作ってまいりましたが、このたび、新年から始めた「嬉野さんの言葉の切れはし」でもお世話になっているnoteさんで「嬉野珈琲店」を新装開店させていただく運びと相成りました。

とはいえURLは変わらず、「uresiinocoffe.com」。
言ってみれば、訪れてくださるみなさまにとってさらなるご近所さんになるための、リニューアルオープンみたいなものです。

ここでは「嬉野珈琲店」をフォローして更新のお知らせを受け取ったり、記事に「スキ」をつけたり、SNSでぽちっとシェアしたりすることができます。
もちろん珈琲のお買い物も、より便利になる予定でございます。

「noteという場所について」書いたものや、「SHARPさんとの対談コラム」など、読みものも今後のためにいくつか仕込んでございます。
「嬉野雅道」アカウントに加えて、どうぞこちら↓の嬉野珈琲店をフォローしてくださいませ。

これまで旧・嬉野珈琲店を訪れてくださったみなさま、ありがとうございました。今後はこちらで、どうぞよろしくお願いいたします。これまでの記事のお引越しも「嬉野コラム・リターンズ」「嬉野コラムClassic」として順次進めてまいりますね。

みなさま、新しい嬉野珈琲店を今後ともご贔屓に。
これからもどうぞ、末永く。

2019.2.11 嬉野珈琲店

追伸
あ、そして!「うれしーの珈琲」の新作通販が決定いたしました!
新装開店した嬉野珈琲店での初売りです!
発売は「2019年2月17日(日)朝10時」!続報をお待ちください!

(「うれしーの珈琲」ことの経緯はこちらのコラムから。)
またまた、カフェはじめました。
複雑な出会い、複雑な珈琲。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

なんでそんなにスキ増えたんだよー
132

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。