第4話

第4話 「『ありがとう』に泣かされる」

水曜どうでしょうカメラ担当ディレクター・嬉野雅道と、SHARP公式の中の人・シャープさん。大阪で語り合った連載の第4話をお届けします。(聞き手:嬉野珈琲店、T木)
*前回のお話はこちら→第3話 「宣伝しながら宣伝しない」

----------------------
シャープさん:
いまではツイートにたいして反響がいろいろと。リプライも数多くいただいているので、クレームも多いんじゃないかってみなさん思われるんですけど。
 
嬉野:
はい、はい。

シャープさん:
実は一番多いリプライは「商品買いました」というツイートなんです

T木:
ははあ。

シャープさん:
僕はみなさんの購入報告に「ありがとうございます」と返すのを大切にしてます。僕ら家電メーカーなんでテレビとか冷蔵庫とか作ってきたわけですけど、実際に売ってるのは家電屋さんなわけです。

嬉野:
そうですよね。

シャープさん:
買った人にお礼を言っていたのは、いままでメーカーじゃなかったわけです。けど、ツイッターがあることで直接お礼を言えるようになったんです。これが僕のツイッターを続けるモチベーションになっています。

T木:
なるほど!

嬉野:
私もね。

シャープさん:
はい。

嬉野:
似たようなことをよくやってました。どうでしょうのDVDが出る時に、買ってくれた人に「ありがとう」って掲示板で夜通しね。

T木:
24時を過ぎたらローソンさんでDVDを受け取れるようになるんですよね。

嬉野:
そうそう。2003年から2005年くらいまで徹夜でやってましたよ。DVD販売のお礼を掲示板で伝えようって思ったときに、最初は予約の時だけにしようかなと思ってたわけ。

T木:
受け取り時はしないつもりだった。

嬉野:
うん。そしたら藤村さんが「先生、受け取りの時もやったほうがいいよ」って。藤村さんは、ご自身ではなさらないんですよ

会場:
(笑)

嬉野:
けどやってよかったです。掲示板でのユーザー名は、「@地名」というのを書いてくれと呼びかけてましたから、どこの人が買ってくれたのかわかるわけ。

T木:
はい、はい。

嬉野:
夜中にですよ、「ローソンに取りに行ったんですが、入荷していないと言われたので、自転車を押しながら帰っています」とかコメントがあるわけですよ。それで、購入できた人から「ありがとう」なんてコメントがくるんですよ。

シャープさん:
ああー。

嬉野:
「ありがとう」はこっちが言うセリフだろうと。そういうコメントが何件も何件も届くんです。 

嬉野:
そうしてるうちに、朝3時ごろになって、朝の番組の連中が出社してくるわけですよ。そしたら嬉野さんが一人でね、パソコンの前にぽつんと座ってるわけだから、「おい、うれしーどうした?」って、出社組が声をかけてきそうになるの。オレ背中向けたまま「来るな」って思ってたね。「来るんじゃねえ」って。だってもう、泣いてますからね。

シャープさん:
ああー(うなずく)
 
嬉野:
おっさんが朝から一人で泣いちゃってるわけですから。声かけてほしくなかった。

会場:
(うなずく)

嬉野:
シャープさん、すごいうなずいてるから、同じようなところもあるんだろうね。

シャープさん:
そうですよねぇ…。「直接お礼を言う」って結構モチベーションになるんです。

嬉野:
本当にそう。買ってくれた人との関係が深まったんじゃないかと思ったよね。買ってくれた人も本当に喜んでくれてるんだけど、ひょっとしたらDVDを手にした本人もDVDで自分がこんなに喜ぶなんて思ってなかったかもしんない。ものの売り買いを通じて、自分がこんなに好きだったのか、というところに気づいていく。

シャープさん:
そうですね。

嬉野:
販売は、お金もうけなんだけど、コミュニケーションのツールでもある。

T木:
なるほど。

シャープさん:
ほんとうに……。そのほか、寄せられて来るコメントでは、「何買えばいいですか?」っていうのが多いです。

嬉野:
はー。「買いました」じゃなくて「何買えばいいか」。

シャープさん:
そうです。で、ぼくも一応家電の目利きなんで、どの製品が適切かすぐ返すんですよ。

T木:
一応…(笑)

シャープさん:
はい(笑)

嬉野:
一応ね。

シャープさん:
部屋の広さとかの条件から、どのサイズの製品がいいかとかですね。ただ、そのうち大喜利みたいになってくるんですよ。

嬉野:
なんでさ!(笑)
なんで大喜利みたいになってくるわけ?

T木:
(ツイートを見ながら)「予算がない場合はどの掃除機を買ったらいいのでしょう?」

T木:
「ほうき」…!

嬉野:

面白いね。シャープという家電メーカーがほうきを勧めちゃう。

シャープさん:
あとツイートの特徴として、会社のアカウントどうしでおしゃべりしたりしてます。

会場:
(うなずく)

シャープさん
タニタさん
とか。旅行いこうってリプライでやりとりして。「タニタ式どうでしょう」なんて名付けて。

(※この対談は2017年に行われたイベントを記事化したものですが、その後の2018年、「タニタ式どうでしょうin北海道」班のみなさんがHTBを訪問されました)



嬉野:
HTBのアカウントがいいねしてるじゃんか
。これ、広報のあいつじゃねえかな。

T木:
(笑)

シャープさん:
HTBさんご本家に、こうやってリアクションしてもらえるっていう。どういうことなんだっていう面白みですよね。

嬉野:
あいつ、今日呼んでやればよかったかな。どれだけ狂喜したことか。

T木:
タニタさんもどうでしょうお好きで?

シャープさん:
ええ、好き好き。サイコロ持って来てたし。

会場:
(笑)

嬉野:
これでうちは安泰だ。

T木:
影響力ありますから。

嬉野:
でも実際に旅行を実現しちゃうのがすごいね。ツイッターでの掛け合いを通り越えて、本当に行っちゃってるというのがバカバカしくて素晴らしいよ

T木:
ツイッターとかインターネットを超えてる。

嬉野:
もはや企業でもなんでもない。個人が行ってるってだけなんだけど、面白いよねぇ。

シャープさん:
みんなツイッターやりながらなんで、旅行中は黙ってましたけどね。

T木:
(笑)

シャープさん:
あと視点が違うところでいうと、自分ところの広告を、あえてちゃかすというか。

嬉野:
こういうの大事ですよ。わりとバカにしていくという。自分のところを。

会場:
(笑)

シャープさん:
広告って偉そうにいうじゃないですか。ぼくそれがあんまり好きじゃないんですよ。

嬉野:
あんた広告の専門家でしょ!

シャープさん:
そうなんですが…。いつかAIに取って変わられたいと思ってまして。実際にツイートを女子高生AIに代わってもらって。マイクロソフトの。

嬉野:
ほほー。

シャープさん:
AIのツイートは自動で返信するから、人間よりもリプライが早くてバレるんです。だから、ちょっと遅くしたらもうバレないんじゃないかなと。それで僕もいろいろ希望を持てて。

嬉野:
面白いねえ。ツイートずっと見てられる。

T木:
フォロワーさんもみんなそうなんでしょうね。

(つづく)

----------------------

お読みいただきありがとうございました。明日は、シャープさんと嬉野さんが、「炎上」についてそれぞれの経験を語ります。シャープさんが「一番しんどかった」と語る、あの時のこと。「炎上したら黙る」がセオリーとされる中、どうしても伝えたかった思いとは?どうぞお楽しみに!
(明日の記事「炎上の火中、エモさで飛び込む」に続きます)

《連載目次》
第1話(3月13日)
まずは前枠「ほんとうに初めまして。」
第2話(3月14日)
「行きがかり上、中の人やってます」
第3話(3月15日)
「宣伝しながら宣伝しない」
第4話(3月16日)
「『ありがとう』に泣かされる」
第5話(3月17日)
「炎上の火中、エモさで飛び込む」
第6話(3月18日)
「水曜どうでしょうVSコンプライアンス」
第7話(3月19日)
「会社に頼らず、ファンに頼る」
第8話(3月20日)
「テレビ局をやめようと思った日」
第9話(3月21日)
「前向きに、友達を減らそう」
第10話(3月22日)
「注釈は、堂々と言えば、文脈になる」
最終話(3月23日)
「幸せな働き方ってどんなものですか?」

◎嬉野雅道の初エッセイ「ひらあやまり」ついに文庫化!ついに実現した、シャープさんの解説文。

シャープさんの解説文も読めるお得すぎる文庫本は、3月23日発売です!
対談イベントの直後から、「今度本を出すときはシャープさんに帯を書いてもらおう」と決めていた嬉野さん。今回の文庫化で実現し、解説文も書いていただいたのでした。
表紙はアニメ「進撃の巨人」を手がける浅野恭司さんの書き下ろし。
Amazonにて、絶賛ご予約受付中!どうぞよろしくお願いします。

◎水曜どうでしょうディレクター藤村忠寿・嬉野雅道と人生を旅するマガジン 『Wednesday Style』創刊!

水曜どうでしょうディレクター(D陣)藤村忠寿と嬉野雅道が、毎月多彩なゲストを編集長にむかえてお届けする月額マガジン「Wednesday style」。3月のゲスト編集長は、ライター・カツセマサヒコさんです。テーマはあえて直球の、「テレビとインターネット」。購読受付中です!

◎創刊号、公開開始!怒涛の5万字越え!一部無料公開中!

(今後のゲスト編集長:SHARP公式さん病理医ヤンデルさんたらればさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

スキでした
133

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
6つ のマガジンに含まれています

コメント2件

嬉野せんせいの掲示板のエピソード、
わたしは当時を知らないのですが泣いちゃいます。。
シャープさんのほんわりした雰囲気、
ふしぎと文章からも呼び起こされますね ^^
討ち入りの夜の話泣けますなぁ😂
本当、インターネットのおかげで
色々受け手の声を聞けて
励みになること沢山あります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。