スクリーンショット_2019-03-14_12

第3話 「宣伝しながら宣伝しない」

水曜どうでしょうカメラ担当ディレクター・嬉野雅道と、SHARP公式の中の人・シャープさん。大阪で語り合った連載の第3話をお届けします。(聞き手:嬉野珈琲店、T木)
*前回のお話はこちら→第2話 「行きがかり上、中の人やってます」

----------------------
シャープさん:
僕のアカウントを紹介するときによく使われるキーワードが「ゆるい」です。なにをもって、ゆるいというのか。

嬉野:
ええ。

シャープさん:

たとえばシャープ製のスマホで、ディズニーモデルを出したときにドナルドダックの鳴き声風にツイートしたり。

会場:
(笑)

シャープさん:
僕としては、こういうツイートを通じて、宣伝してないふりして宣伝してるわけなんですけど。次のツイートもそういう例ですね。

嬉野:
ああ!
これはうちの広報の女も見てましたよ。「ほら!」って私に見せてくるから。

T木:

嬉野さんご本人に…(笑)

嬉野:
「よかったね」なんて言いましたけども。


T木:
どうでしょうネタを使うと、反響があるものですか?

シャープさん:
あるということを、ツイートして知りましたね(笑)

嬉野:
おー!

T木:
さすが。

嬉野:
テレビがなくなっても、うちだけは安心だ


会場:
(笑)


シャープさん:
ツイートによって反響が全然ちがうんです。いろんなツイートをしているおかげで、反響をたくさん回収できてるんです。

嬉野:
なるほどねえ。

シャープさん:
「普通にオーブンレンジできました」ってツイートしたら、こんなにリツイートされない
ですよね。だからぼくはいつもどうでしょうさんにお世話になってます。

嬉野:
こちらこそですよ。

シャープさん:
あとはこういうツイート。

嬉野:
ああー。このツイートは、どんな反響があるのかシャープさんもドキドキしたんじゃないですか。

シャープさん:
まあ大丈夫でしたよ。このツイートもそうなんですけど、その日とかその時じゃないと意味がないツイートっていうのがあって。

嬉野:
はい、はい。

シャープさん:
このニュースは、仕事で仙台空港にいるときに知ったんで。その場でツイートするしかないですよね。

嬉野:
なるほどねえ。

シャープさん:
あと、ツイート自体じゃないんですけど、ひつじ年の時には、勝手にプロフィールを「sheep シープ株式会社」って変えたりもしました。

T木:
勝手にというと、上司の方とかには言わずに?

シャープさん:
そうですね。

会場:
(笑)

嬉野:
そりゃそうだと思うよ。
報告しちゃったら、オッケーなんて上司的には出せないでしょう。

シャープさん:
ええ。

嬉野:
上司を思えばこそ、こういうことは黙ってやりますよ。


シャープさん:
そうですね。これは黙ってやってますけど、ツイートしたわけじゃないっていうのがポイントなんです。気づく人だけが気づくというか。

T木:
プロフィールを見ないとわからないわけですよね。それで気づかれた方が見つけて、ツイートしてはじめて広がる。

シャープさん:
言ってみれば、僕とフォロワーの人とが共犯関係にあるんです。

嬉野:
ああー、なるほどぉ。

シャープさん:
これは正月三が日の終わりには直したので、会社にはばれてないだろうと思います。

T木:
きっと、ばれてるでしょう。

(つづく)

----------------------

明日はフォロワー40万人(当時)のシャープさんに一番多く寄せられるリプライの話から、「どうでしょう」掲示板の話に繋がっていきます。嬉野さんが藤村Dに言われて始めた「あること」とは? どうぞお楽しみに。
(明日の記事「『ありがとう』に泣かされる」に続きます)

《連載目次》
第1話(3月13日)
まずは前枠「ほんとうに初めまして。」
第2話(3月14日)
「行きがかり上、中の人やってます」
第3話(3月15日)
「宣伝しながら宣伝しない」
第4話(3月16日)
「『ありがとう』に泣かされる」
第5話(3月17日)
「炎上の火中、エモさで飛び込む」
第6話(3月18日)
「水曜どうでしょうVSコンプライアンス」
第7話(3月19日)
「会社に頼らず、ファンに頼る」
第8話(3月20日)
「テレビ局をやめようと思った日」
第9話(3月21日)
「前向きに、友達を減らそう」
第10話(3月22日)
「注釈は、堂々と言えば、文脈になる」
最終話(3月23日)
「幸せな働き方ってどんなものですか?」

◎嬉野雅道の初エッセイ「ひらあやまり」ついに文庫化!表紙の依頼はまさかの…。

シャープさんの解説文も読めるお得すぎる文庫本は、3月23日発売です!
表紙はアニメ「進撃の巨人」を手がける浅野恭司さんの書き下ろし。多忙な巨匠なのに、嬉野さんのLINE一本で快く表紙を引き受けてくださいました。ふっと心が軽くなるこのエッセイの中身を、気持ち良さそうにあくびするねこのイラストで見事に表現してくださっています。
Amazonにて、絶賛ご予約受付中!どうぞよろしくお願いします。

◎水曜どうでしょうディレクター藤村忠寿・嬉野雅道と人生を旅するマガジン 『Wednesday Style』創刊!

水曜どうでしょうディレクター(D陣)藤村忠寿と嬉野雅道が、毎月多彩なゲストを編集長にむかえてお届けする月額マガジン「Wednesday style」。3月のゲスト編集長は、ライター・カツセマサヒコさんです。テーマはあえて直球の、「テレビとインターネット」。購読受付中です!

創刊号、公開開始!巻頭言はコチラ(巻頭言のみ無料でお読みいただけます)

(今後のゲスト編集長:SHARP公式さん病理医ヤンデルさんたらればさん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

ホワイト・スキ・カモン!
81

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。