見出し画像

嬉野珈琲店が、うれぽん(クレバードリッパー)をおすすめする理由。【珈琲豆をお買い上げの方へ】

うれぽんをおすすめする理由。亭主・嬉野よりお便りが届きました!

いつも嬉野珈琲店を訪れてくださりありがとうございます。
そろそろ「うれしーの珈琲豆  エチオピア・ダブル(浅煎り)」が、お買い上げの皆さまのお手元に届きはじめている頃でしょうか。
SNSで感想をあげてくださる方もいて、スタッフもうれしく眺めています。

そんな中、こちらのツイートを目にした嬉野さんからメッセージが。


こういう人にうれぽんをすすめたいね(^^)
苦味は出ないけど、美味しい味わいは出る(^^)

珈琲のある生活を進める、そのためにはうれぽんは必須なんだよね。
ここをもっと皆さんにお伝えした方がいいのかしら?

嬉野珈琲店では、珈琲を淹れる際に「うれぽん」(クレバードリッパー)をお使いになることをおすすめしています。

うれぽんは、珈琲豆本来の味を失敗なく抽出できるドリッパー。
特に今回の浅煎りの豆は、失敗なく淹れることが重要になります。

そこで本日は、亭主・嬉野がうれぽんの大切さをお伝えすべくしたためた、皆さまへのお便りをお届けいたします。

小さな珈琲豆の中に広がる感動でワクワクの世界を、
ぜひ体験してください(^^)

あなたの珈琲の世界を、幸福に広げるお手伝いがしたいのです。

嬉野です。

卒爾ながら、「あなたがお家で珈琲を淹れるときは必ず、テクニックを必要としない抽出器具を使って珈琲を淹れなければなりませんよ」と、そのように嬉野珈琲店は提唱させていただきます。

もし、ここを崩して、ご自分でハンドドリップで淹れてしまわれますと、残念ながら九分九厘抽出に失敗してしまわれることになるはずです。

ハンドドリップは経験と技術を必要とする難しい抽出方法です。
抽出に失敗してしまえば、あなたはもう、珈琲にたくさんの品種があることにさえ興味が持てなくなる。

でも、その品種1つ1つには豆本来のまるで違った幸福な味わいが込められているのです。
その味わいに迫ることができない限り、あなたは永遠に苦い珈琲だけを求めてしまわれるはずです。

画像2

しかし現代社会には、珈琲本来の味わいを失敗なく抽出してしまう優秀な器具が用意されているのです。
その器具を使いさえすれば、あなたは今日から珈琲豆の中に閉じ込められた珈琲豆本来の素晴らしい味わいに素直に驚くことができるようになる。

「これが珈琲の味なのか、珈琲の味わいは1つではなかったのか」と気づかれる。

あなたがその気づきを得られた瞬間、あなたの味覚は、珈琲の世界が爆発的に広がりを見せようとするその味わいの全てを片っ端から試してみたくなるはず。
抽出器具さえ手に入れたならば、あなたの経験の中の珈琲の世界は、まるで違ったものになる。

画像2


アフリカで、ニューギニアで、中米で、南米で、小さな農園の農園主たちが真面目に熱心に栽培した、多種多様で良質な珈琲の品種が既にあるのです。
それらが、自然界からのギフトとしか言うべき言葉を持ち得ない驚くべき味わいを、あなたにもたらしてくれることでしょう。

そんな感動でワクワクの世界が、小さな珈琲豆の中に、なんの難しさもなく広がっている。
そのことに、ようやくあなたは気づかれることになる。

嬉野珈琲店は、そのお手伝いをさせていただきたいのです。

嬉野珈琲店亭主・嬉野雅道

画像3


◎うれぽん&うれしーの珈琲豆、販売しています。

◎うれぽんの仕組みや使い方など、詳しくはこちら!


スキいっぱいあんじゃん
47
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 101本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。