【亭主より】他では絶対に味わえない。私も皆さんと一緒に、「サーカス!」を体験してゆくことになりそうです。
見出し画像

【亭主より】他では絶対に味わえない。私も皆さんと一緒に、「サーカス!」を体験してゆくことになりそうです。

嬉野です。さて、そろそろみなさんのお手元に珈琲が届いているころと思いますので、ここで、やっぱりお知らせしておこうと思います。

今回の「サーカス🎪!」はインドネシアの浅煎りです。これはかなり鮮烈な味わいの衝撃の珈琲に仕上がっています!私もビックリしました!
だっていろんな香りがするのです。青い草の香りやら。枯れた藁の香りやら。表現がもうワインみたいです!でも、確実にするんです!他にもたくさん。「これって珈琲なのか!」と思わせる存在感です。

画像1

ここまでインドネシアを浅煎りで提供できるのはキノシタショウテンと組んでいる嬉野珈店ならではのことです。そういった意味でも「サーカス!」は、他では絶対に味わえない珈琲体験をみなさんにもたらします。キノシタショウテンのお店にも出していない特別の味です。珈琲ってこんなにまで味わいに幅がある。その事実も含めて「これが珈琲だ!」ということなんですね。

画像2

さぁ、これから毎回、私も皆さんとともに「サーカス!」を体験し、自分が抱いていた珈琲の味わいの概念を変えて行くことになりそうです。そしてそれが、浅煎り固定で皆さんに提供して行く「サーカス🎪!」の狙いです。

どうぞ!ときには激しく目を剥きながら「サーカス!」がもたらす味に驚いてください。もちろん、抽出には、失敗しない"うれぽん"もしくは"カリタのウェーブドリッパー"で淹れてお楽しみくださいませ。

◎お買い物はオンラインショップでどうぞ。


◎こちらの記事もおすすめです。


ホワイト・スキ・カモン!
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。