見出し画像

4月の嬉野珈琲店、ラインナップ。

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)4月の嬉野珈琲店、商品ラインナップをご紹介します。

◎「うれぽん」再販が可能になりました!4月1日10時より数量限定で入荷いたします。
◎珈琲は、「コスタリカ」「タンザニア」2種を、豆or粗挽きでお届けします!
◎4月中旬より、上記2種の「ツンツンコーヒーバッグ」を発売します。→11日(土)朝10時からに決まりました!

※ここ「嬉野珈琲店」では、オンラインショップへの入り口として商品のご紹介をしております。お買いものはオンラインショップでどうぞ!

1.うれしーの珈琲豆(コスタリカ) 100g ¥1425-(税込)

画像1

口に含むなり複雑な味わいが味蕾を楽しませてくれます。しかもとても澄んでいる飲み口が好印象。1発で気に入りました。
クリーンカップと呼ばれるこの透明感のある味わいは標高の高い農場のコーヒーに多く見られる特徴だそうです。
ボディのある酸もあり複雑。
柑橘の中でもオレンジのような酸があります。
「酸味のある」と書かれているだけで苦手という人が多いので敬遠されると思いますが(^.^)
私の一押しです。
「今年はコスタリカの出来が本当に素晴らしいです」と木下くんは言います。


2.うれしーの珈琲豆(タンザニア)100g ¥1425-(税込)

画像2

酸味が苦手な人のために煎りを深くしたもう一つの珈琲、タンザニアを用意しました。

「ミルクチョコレートのような甘味、麦のような香ばしさソフトな苦味」これは木下くんによる味わいの評価です。もちろんストレートにミルクチョコの味なんかしません。でも、口の中に含みながらたしかにものすごくたくさんの味がするのです。そして甘味、風味、コクを自分なりに感じていく楽しさ。何より驚くのは、このコーヒーは淹れた後も本当に味が悪くならないのです。だから味の変化がいつまでも楽しくて、コーヒーが冷めて行っても味の変化をずっと楽しく追いかけることができる。驚きです。

豆の品質の良さはこんなところにも現れます。


3.KENYA/ bodum フレンチプレス(350ml) ¥3,300-(税込)

画像3

よく気の利いた紅茶屋さんに行くとフレンチプレスで紅茶が提供されたりしますよね。アレです。まったく同じものです。
実際、紅茶を淹れる器具であるように思っていましたが、本来は珈琲抽出のための器具だったそうですよ。
なので、このフレンチプレスでも、うれぽんと同じ要領で美味しくコーヒーが淹れられます。しかも、ペーパーフィルターで濃さない分、珈琲の油分も楽しめますからうれぽんで淹れたものとは風味が違って味わえて、これもまた美味いです。
私の仕入れ先のうれぽんの卸値が高騰してしまったこともあり、(※現在は落ち着いています)この機会にフレンチプレスで淹れてみられてはいかがですかとご紹介しております。洗うのがちょっとめんどくさいですけどね(^.^)言うほど大した手間ではありません。

※詳しい使い方は動画で!


4.うれぽん Lサイズ(ペーパーフィルター100枚付)カラー:RED ¥3.740-(税込)【4/1(水)10:00〜】

画像4

嬉野珈琲店では、珈琲を淹れる際に「うれぽん」(クレバードリッパー)をお使いになることをおすすめしています。
ハンドドリップは技術を必要とする難しい抽出方法ですが、うれぽんを使えば簡単に、豆本来の味を失敗なく抽出することができます。
小さな珈琲豆の中に広がる感動でワクワクの世界を、ぜひ体験してください(^^)

4月1日10時より販売開始いたします。うれぽんについて詳しくは、亭主・嬉野からのこちらの記事↓をどうぞ。


5.LOVERAMICS(ラブラミクス) Bond 150ml Cappuccino Cup
(レッド・イエロー・デニム) ¥1.100-(税込)

画像6

画像6

亭主・嬉野が好きな、小さめのカップ。イタリア製です。カップの内側は底に丸みがあり、行き届いたデザインを感じさせます。しっかりと重さがあって倒れにくく、あたたかさを保つ厚さもあります。
カラフルな3色は、同じ色でそろえても、色ちがいでも、テーブルをぱっと明るくしてくれます!お好きな色を選んで、ぜひコーヒータイムの仲間に加えてみてください。


6.HARIO コーヒーミル・セラミックスリム ¥3.300-(税込)

ハリオコーヒーミル

「ここらで珈琲豆も自分で挽いて飲んでみようかしら」と、お思いのあなたに、このミルは最適です。
ハリオのミルはセラミックの刃で耐久力もありこの値段ならお手頃です。
1杯分ならむしろ手回しで挽く方が簡単便利だと私は思います。


7.BISTORO /bodum コーヒーグラインダー(ホワイト)¥13.200-(税込)

※カラーが変更になりました!今回はホワイトの販売です。

画像8

画像9

これは私も欲しくて買いました。
HTBの旧社屋でカフェをやっていた頃、お客が増えて豆を挽く頻度と量も増えてきたので電動が欲しくて買いました。使いやすいです。
この黒が欲しかったんですが私が買ったときは2万円くらいしてて、しかたなく私は誰も欲しがらないから値崩れしてた野菜色のグリーンのやつを買いました。
それでも¥16.500-もしたのに!
これは黒のカッコいいやつで新品で¥13.200-!
値下がりしてお値打ち品になってるじゃないですか!
お買い得だなぁ。良いなぁ。

※今回はホワイトの販売です。5月以降に再び黒を販売する予定だそうなので、白がお好みの方は今月中にどうぞ!


8.V60 ドリップスケール ¥6.600-(税込)

画像10

このスケールは、コーヒーのレシピを再現するのにとても便利です。
お湯の量(重さ)と時間をはかることができるので、これがあればタイマーを別にセットする必要がないのです。意外に薄くて場所も取りません。


9.PAVINA / bodum ダブルウォールグラス(350ml)2個入り ¥4.169-(税込)

画像11

ボダムのダブウォールグラスは、熱いものも冷たいものも入れられて水滴がつかない不思議なグラス。熱い飲み物を入れてもグラスが熱くなりません。
まるっとした持ちやすい形で、縁も丸みを帯びているので口当たりも優しい。洗うときも薄いグラスを洗うときのような緊張がないので、おしゃれでありながら気軽に使えます。

10.ツンツンコーヒーバッグ(ドリップコーヒー4個、ステッカー1枚付き)¥ 1,380-(税込)

画像13

今回は、久々に「コーヒーバッグ」も登場でございます。
これはね、カップに入れた熱いお湯に、このコーヒーバッグを入れましてね、ツンツンつつきながら攪拌するだけで美味しい珈琲が頂ける優れものでございます。
これ、いつも人気なんですがね、どうしても、あらかじめ数量を決めてしまわないと作れないので、今回も数量限定でございます。
これ、手軽にツンツンして美味しく飲めますんでね、どうぞお試しくださいませ。
※コスタリカ、タンザニア各2袋の計4袋セットで、味のお試しにもおすすめです。

お買いものはオンラインショップで!

お買いものはオンランショップから!ご来店、お待ちしています!

画像12



こっちから日が差してるから… スキです
41
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 116本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。