見出し画像

10月の珈琲店、ラインナップ。

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)
10月1日からのラインナップをご紹介します!

◎10月から新しい味のコーヒーが登場!「エチオピア・グアテマラ」「インドネシア・グアテマラ」のブレンド2種類です。
◎失敗なく淹れられると亭主お気に入りの「カリタ」のドリッパーのお取扱いが始まりました!
◎「うれぽん」次の入荷は12月ごろです。お求めはお早めに!

※ここ「嬉野珈琲店」では、オンラインショップへの入り口として商品のご紹介をしております。お買いものはオンラインショップでどうぞ!

(一部の商品は10月1日20時よりご購入いただけます)

1.うれしーの珈琲豆(エチオピア・グアテマラ) 100g ¥1,425-(税込)

エチオピア

(8月の暑い暑い日、新しい味を決めるテイスティングのためにキノシタショウテンさんのお店「USSU」に行ってきました)

画像13

画像15

画像16

今回の2種類は、「うれしーの珈琲」では久しぶりのブレンドコーヒー。
こちらはエチオピアナチュラルとグアテマラのブレンドです。甘酸っぱいベリーのような余韻が特徴。
パッケージの青い鳥はハシビロコウ、お隣は幻の鳥ケツァール!
動物たちとともにゆったりとした珈琲タイムをお楽しみください。


2.うれしーの珈琲豆(インドネシア・グアテマラ) 100g ¥1,425-(税込)

インドネシア

画像14

画像16

画像16

画像17

こちらはインドネシアとグアテマラのブレンド。パッケージに描かれたグリーンアイのスマトラトラにちなんで、通称は「トラブレンド」です。
スパイシーでスモーキーな香りが特徴。存分にお楽しみください!


3.【NEW】HA185ドリッパー&専用ろ紙(フィルター)set/Kalita ¥2,816-(税込)

赤いチェックでおなじみの「カリタ」から、波佐見焼の白いドリッパーをお届けします!

画像5

画像6

カリタさんで意外なことに失敗なく珈琲が淹れられてしまうドリッパーが開発されておりましたのでご紹介。その名はHA185Dripper。これが奥さん、淹れて飲んでみましたら失敗のない味なんでちょっとビックリ。うれぽんとはまた違ったアプローチの美味しい味が楽しめますぜ。
私かなり気に入っております。

画像8

ドリッパー(表)

フィルター

陶磁器ならではのクリーンな存在感で、珈琲を淹れる時間がより楽しくなりそうです。ハンドドリップが初めて…という方も亭主嬉野と一緒に、味ムラが少ないこのドリッパーで一歩踏み出してみてはいかがでしょう…!
専用のウェーブフィルター50枚とセットでのお届けで、届いてすぐにお使いいただけます。

◎亭主嬉野雅道によるご紹介はこちら!使い方もこちらでどうぞ。


4.【再販】仔鹿印タータンチェックステンレスボトル ¥4,645-(税込)

画像10

画像11

好評につき完売していた「ステンレスボトル」、再々入荷しました!(入荷はこれで最後となります)

保温・保冷機能が付いた、オリジナルロゴ入りのステンレスボトル!
赤いタータンチェックが目を惹く本体は、感じの良いデザイン家電を多く出している「アラジン」社製。そこに今回、くっきりした白で「uresiinocoffee」のロゴを入れてもらいました。仔鹿とハートがデザインされたマークも添えて、控えめながらとても可愛らしく仕上がっています…!
容量は370ml。保温・保冷機能付き。1年を通してお使いいただけます。
飲み口には取り外せる内蓋付きで、フタ部分には、引き出して使える「ストリング」も付いています。

◎詳しくは下記の記事でもご紹介しています。

◎スタッフの個人的おすすめポイントはこちらの記事↓で!


5.うれぽん Lサイズ(ペーパーフィルター100枚付)カラー:RED ¥3.740-(税込) ※次回入荷は12月予定

画像17

画像18

嬉野珈琲店では、珈琲を淹れる際に「うれぽん」(クレバードリッパー)をお使いになることをおすすめしています。
ハンドドリップは技術を必要とする難しい抽出方法ですが、うれぽんを使えば簡単に、豆本来の味を失敗なく抽出することができます。
小さな珈琲豆の中に広がる感動でワクワクの世界を、ぜひ体験してください(^^)

◎うれぽんについて詳しくは、亭主・嬉野からのこちらの記事↓をどうぞ。

◎使い方の動画はこちら。


6.HARIO / ウォータードリッパー・ドロップ ¥3300-(税込)

画像19

【甘みが立つ水出しコーヒーを手軽に】
この器具を使えば、美味しく水出しコーヒーを抽出することができます。それもたった1時間ほどで抽出できるのです。そして今回のこの器具もまたまったくのテクニック要らずなのでございます。素晴らしい。
水出しコーヒーの味の不思議なところは、ホットで淹れたときよりも、なにかもっとクリーンで、もっとふくよかで複雑な味わいが楽しめるところです。そして、まったく温度を上げずに長い時間をかけてゆっくり水の滴で抽出するからでしょうか、珈琲の甘みが明らかに立つのです。

【豆は「あらかじめ挽いたもの」を!】
ひとつ気をつけていただきたいのですが、豆を注文するときはぜひ「豆のまま」ではなくてあらかじめ挽いてもらった「中挽き」をお買い求めください。ホットコーヒーの場合はご家庭で挽くと香りが高くて良いのですが、これは挽いた豆の粒の大きさが揃っていた方が、断然美味しく入るのです。
あんまり美味しく出来上がるから(^^)水出しする手間が楽しくなります。

スクリーンショット 2020-05-15 16.40.34

◎使い方の動画はこちら!

新しい珈琲豆とのセットもございます。


7.KENYA/ bodum フレンチプレス(350ml) ¥3,300-(税込)

画像22

よく気の利いた紅茶屋さんに行くとフレンチプレスで紅茶が提供されたりしますよね。アレです。まったく同じものです。
実際、紅茶を淹れる器具であるように思っていましたが、本来は珈琲抽出のための器具だったそうですよ。

画像22

なので、このフレンチプレスでも、うれぽんと同じ要領で美味しくコーヒーが淹れられます。しかも、ペーパーフィルターで濃さない分、珈琲の油分も楽しめますからうれぽんで淹れたものとは風味が違って味わえて、これもまた美味いので、この機会にフレンチプレスで淹れてみられてはいかがですかとご紹介しております。洗うのがちょっとめんどくさいですけどね(^.^)言うほど大した手間ではありません。

◎使い方の動画はこちら。


8.ダブルウォールマグ / Kalita L¥3,300-(税込)・ S ¥3,080-(税込)

画像23

画像24

画像25

L=340ml(左)、S=240ml(右)

Kalitaのコーヒー器具たちがやさしいタッチで描かれた「ダブルウォールマグ」。細い線画のイラスト越しに、中の飲みものがきれいに見えます。2層になったコーヒーとミルクがおしゃれに見える、カフェオレにもぴったり!
熱いものも冷たいものも入れられて、とても軽く、扱いやすいのも魅力です。ほっと一息入れたい時も、忙しい朝も。
毎日のコーヒータイムにぜひどうぞ!


9.PAVINA / bodum ダブルウォールグラス(350ml)2個入り ¥4.169-(税込)

画像26

ボダムのダブウォールグラスは、熱いものも冷たいものも入れられる耐熱グラス。熱い飲み物を入れてもグラスが熱くなりませんし、冷たい飲み物を入れても水滴がつきません。
まるっとした持ちやすい形で、縁も丸みを帯びているので口当たりも優しい。洗うときも薄いグラスを洗うときのような緊張がないので、おしゃれでありながら気軽に使えます。


10.LOVERAMICS(ラブラミクス) Bond 150ml Cappuccino Cup(デニム・レッド・イエロー) ¥1.100-(税込)

画像27

画像28

画像29

亭主・嬉野が好きな、小さめのカップ。イタリア製です。カップの内側は底に丸みがあり、行き届いたデザインを感じさせます。しっかりと重さがあって倒れにくく、あたたかさを保つ厚さもあります。
カラフルな3色は、同じ色でそろえても、色ちがいでも、テーブルをぱっと明るくしてくれます!お好きな色を選んで、ぜひコーヒータイムの仲間に加えてみてください。


11.HARIO コーヒーミル・セラミックスリム ¥3.300-(税込)

ハリオコーヒーミル

「ここらで珈琲豆も自分で挽いて飲んでみようかしら」と、お思いのあなたに、このミルは最適です。
ハリオのミルはセラミックの刃で耐久力もありこの値段ならお手頃です。
1杯分ならむしろ手回しで挽く方が簡単便利だと私は思います。


12.V60 ドリップスケール ¥6.600-(税込)

スケール④

スケール②

このスケールは、コーヒーのレシピを再現するのにとても便利です。
お湯の量(重さ)と時間を同時にはかることができるので、これがあればタイマーを別にセットする必要がないのです。意外に薄くて場所も取りません。


お買いものはオンラインショップで!

ご紹介した商品は、うれしーの珈琲オンラインショップで扱っております。(10月1日20時通販スタートです)

お買いものはオンランショップへどうぞ!

10月もご来店、お待ちしています!

画像33


丹念に丹念を重ねてスキですよ
36
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 111本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。