スクリーンショット_2019-02-07_12

8・9月の珈琲店、ラインナップ。《商品紹介》

8・9月の珈琲店の商品ラインナップをご紹介します!

①うれしーの水出しコーヒー(3杯分×3袋) ¥1.890-(税込)

エチオピアナチュラルとルワンダをブレンドしたキノシタショウテンの水出しコーヒーは、エチオピアナチュラルの果実のような複雑な味わいに、しっかりとしたボディー感のあるコクのある味わいを加味して、バランスがなんとも絶妙で美味いです(^^)

《つくりかた》
500ccの水に1袋入れて10時間以上置いておくだけ!冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

②うれしーの珈琲豆(2種類)
エチオピア/コロンビア アカマルフレンチ 各 ¥1.400-(税込)

うれしーの珈琲豆、すっかり定番となりました2種類を今回もお届けいたします。

まずはエチオピア。(写真右、白いラベル)
もともと「キノシタショウテン」のエチオピアナチュラルの浅煎りはバツグンに美味いのです。
「うれしーの珈琲」では、これに更に同じ豆で生成方法の違うエチオピアウォッシュトをブレンドすることにより、最初に口に含んだ時の華やかさがストレートに印象的に残る美味しさになっています。

そしてもう1つはコロンビア。(写真左、黒いラベル)
これは「うれしーの珈琲」では初の深煎りです。
その名もコロンビア アカマルフレンチ。
ですが焼き上がりはいわゆる世間に出回っているフレンチのように真っ黒くなって表面に油が浮いてツヤツヤしているフレンチとは大きく違い、それほど黒くなっていないし油も浮いてない。どうやら熱風で焼いてはいないようなのです。
詳しいことは分かりませんが、世間の深煎りの味とは明らかに一線を画する味になっています。

こちらのコーヒーは、夏に向けてアイスコーヒーにしても美味しいです!
キノシタショウテンで、うれぽんを使って美味しくアイスコーヒーを淹れる方法を教わってきました。
つくりかたは動画をご覧ください、実に簡単です。

うれしーと学ぶ美味しいアイスコーヒーのつくりかた。《うれしーの珈琲》

③うれぽん Lサイズ(ペーパーフィルター100枚付)カラー:ホワイト ¥3.500-(税込)

ご好評をいただいております、技術いらずで美味しいコーヒーが飲める優れもののコーヒードリッパーうれぽん。

これは画期的な器具です。

マジで誰でも珈琲が美味しく淹れられる驚きの珈琲ドリッパーなんです。これさえあればハンドドリップの技術なんか持っていない人でも珈琲豆本来の味がドンピシャ楽しめるのです。

珈琲の味に失敗することがないこの器具は、買いです!

④bodum コーヒーグラインダー ¥12.960-(税込)

これは私も欲しくて買いました。
HTBの旧社屋でカフェをやっていた頃、お客が増えて豆を挽く頻度と量も増えてきたので電動が欲しくて買いました。使いやすいです。

この黒が欲しかったんですが私が買ったときは2万円くらいしてて、しかたなく私は誰も欲しがらないから値崩れしてた野菜色のグリーンのやつを買いました。それでも¥16.500-もしたのに!

これは黒のカッコいいやつで新品で¥12.960-!
値下がりしてお値打ち品になってるじゃないですか!
お買い得だなぁ。良いなぁ。

⑤HARIO コーヒーミル・セラミックスリム ¥3.240-(税込)

「”うれぽん"もあるし、ここらで珈琲豆も自分で挽いて飲んでみようかしら」と、お思いのあなたに、このミルは最適です。
ハリオのミルはセラミックの刃で耐久力もありこの値段ならお手頃です。
1杯分ならむしろ手回しで挽く方が簡単便利だと私は思います。

⑥PAVINA / bodum ダブルウォールグラス(350ml)2個入り ¥4.090-(税込)

ボダムのダブウォールグラスは、熱いものも冷たいものも入れられて水滴がつかない不思議なグラス。
まるっとした持ちやすいグラスで、縁も丸みを帯びているので口当たりも優しい。洗うときも薄いグラスを洗うときのような緊張がないので、おしゃれでありながら気軽に使えます。

⑦V60 ドリップスケール ¥6.480-(税込)

このスケールは、コーヒーのレシピを再現するのにとても便利です。
お湯の量(重さ)と時間をはかることができるので、これがあればタイマーを別にセットする必要がないのです。意外に薄くて場所も取りませんので、この機会にぜひ。

⑧嬉野雅道・還暦記念手ぬぐい ¥1.200-(税込)

ご覧ください!
富士山のてっぺんで燦然と輝いておりますのはシカでございます!

素晴らしい!

そして、このシカには角がない(^^)
だからオスだかメスだか分からない(^^)

これがいい!

加えて富士山の背後に朝日のように昇っておりますのは、何やら考え中の巨大な私です。

これはたしかに物思う積荷と言われた嬉野雅道氏の面目躍如たる風情(^^)

それにしても、それをここに置くんですか?
と言いたくなるような、とっちらかったこのパーツ配置がバカバカしくて私は大変気に入っております(^^)

もちろん富士山の正面には、ぬかりなく「還暦」の文字が大書され!
かくて、とうとう定年のオッさんの誕生日を祝う手拭が作られました!

(今回の特別販売で終了です!気になっていた方はぜひ♡)

お買いものはこちらのショップから!

8・9月の通販は、1日20時開始です。
ご来店をお待ちしております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

スキでした
25

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。