見出し画像

小なべでつくる、美味しいカフェオレのつくり方。

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)

先日発売になった「うれしーの珈琲・エチオピアのカフェオレ」

こちらは、亭主嬉野が好きな「浅煎り」よりも少しだけ焙煎を深くした、カフェオレにぴったりな珈琲です。

画像1

こちらの珈琲の発売にあたって、コーヒーパートナー・キノシタショウテンの木下さんに「お家にある道具で簡単にできる美味しいカフェオレのつくり方」を教わってきました!

動画でご紹介したレシピを文字でもご紹介いたします。
特別な道具がなくても作れますので、ぜひご自宅で、プロのレシピでつくるカフェオレを味わってみてください。

C0005.MP4.01_24_09_25.静止画001


小なべでつくる、美味しいカフェオレのつくり方。

C0008.MP4.01_26_30_08.静止画002

用意するもの

うれしーの珈琲・エチオピアのカフェオレ(カフェオレ用に少し粗めに挽いたもの) 10g
お湯 50cc
牛乳 150cc

デジタルスケール(はかり)
小鍋
茶こし
コーヒーサーバー
カップ(お湯を入れて温めておく)

つくり方

1. スケールに乗せた小なべに珈琲豆を入れ、豆全体に円を描くようにお湯50ccを注ぐ。(スケールで50ccをはかりながら注ぐと良いです)

2. 牛乳150cc(冷蔵庫から出したての冷たいものでOK)を一気に注ぐ。

3. 小なべを火にかけ、なべのフチにふつふつと小さな泡が出てきたらすぐに火を止める。(牛乳は一気に沸騰するので、火にかけたら目を離さないように注意!)

4.茶こしで濾しながらサーバーにうつし、温めたカップに注いだら完成です!

C0008.MP4.01_27_20_09.静止画001

C0008.MP4.01_27_53_23.静止画003

煮出してつくるためコーヒーの味わいはしっかりと、でも苦味が出すぎず牛乳の甘みがひきたつカフェオレ。
牛乳は、そのまま飲んでも美味しいものをお使いになるのがおすすめです。

ぜひ、お試しくださいませ!

詳しいつくり方や火を止めるタイミングなどは、ぜひ動画で!


◎カフェオレにぴったり!そのままでも美味しく味わえる「うれしーの珈琲・エチオピアのカフェオレ」はこちらです。


◎焙煎を「浅煎り」に固定し、その時々のおすすめの珈琲豆をお届けする「サーカス!」もぜひ。


四国でクリームスキ食ったろ!
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。