見出し画像

「仔鹿印ステンレスボトル」、在庫追加しました!

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)

◎一時SOLD OUTになっていた「仔鹿印ステンレスボトル」、在庫追加しました!お買い物はオンラインショップでどうぞ。

画像5

ーーー

こんばんは、嬉野珈琲店スタッフです。
本日より9月の嬉野珈琲店がはじまり、新しい商品として仔鹿印タータンチェックステンレスボトルの通販がはじまりました。そして、なんと、大変ありがたいことに、通販開始後3時間でいったん完売となりました…!

本当にありがとうございます。

亭主・嬉野からも、

「ボトルめっちゃ売れとるらしいじゃないか!」
「完売しそうらしい」
「完売した!3時間で!」

と次々連絡が入り、あわてて通販担当「関西の商人」さんが在庫を追加してくださいまして、現在は追加分をお求めいただけます!

迷っておられた方、完売で買えなかった方はぜひこの機会に!

(お届けに1週間ほどお時間をいただく可能性がございます)

画像6


ーーー


こちらのボトルについては、発売前にこちら↓で書かせていただいたのですが、

ものすごく個人的ですが、さらにお伝えしたい細かいおすすめのポイントを3つ追記させてください…!


①つくりがしっかりしている。

画像1

これはもう当たり前のことなかもしれないのですが。

こちらのボトルは、お値段税込4,645円。
もちろん個人差はあるとは思うのですが、もしかしたら「欲しい!」と思っても、ちょっとだけ迷ってしまう金額かもしれません。

でも!
こちら、お値段だけのことはあって、とてもしっかりしたつくりなんです。

私が一番おぉ!と思ったのは、「フタの閉めやすさ」
くるくる回して閉めるタイプのフタって、うまくはまらないものだと何度かやり直してプチストレスになることがあるのですが、こちらのボトルはスッと閉まります!

(インスタグラムに動画を上げております)

そして内蓋は回すのではなくひっぱって外すのですが、きっちり閉まっているのに外しやすい絶妙なつくりで、こちらも気持ちよく使えます。

しっかりしたつくりですが、ボトル本体の重さはそれほど感じないのもいいところ。細かいことですが、地味にうれしいポイントです。

②口当たりが優しく、水滴がたれない。

画像2

こちらの内蓋、氷などを入れた時に口に当たらない、飲みものが一気に出てこないので熱い飲み物にも安心、といろいろ役目があるのですが、飲んだ時の口当たりが優しい、そしてキレが良くて液体が垂れないという効果もあるような気がします。

これは私だけかもしれないのですが、飲み方が下手なのか、フチに飲みものが溜まってたれてしまうということが度々あって。
そうなると外側が濡れてしまうので、かばんに入れて持ち歩く際はけっこう気を遣うポイントでした。

こちらのボトルは内蓋のおかげで口当たりが優しく、さらにキレが良いのでボトル外側が濡れにくい!
かばんに入れて持ち歩く時も安心だと思いました。

③底に滑り止めつき。机の上でも倒れにくい。

画像3

こちらはボトルの底の部分。
白いシールの周りの赤い輪、これが滑り止めになっています

これも私だけかもしれないのですが、こういうボトルに手が当たって、ヒヤッとすること意外にありませんか…?
しかも、フタをきっちり閉めていない時に限って倒してしまったり。

滑り止めがついているとやっぱり安定感が違うので、机の上に置いている時も安心感があります。

画像4

パソコンやノートなど、濡らしたくないものが多いデスクにも。


ーーー


以上、かなり個人的なおすすめポイントでした…!

もしかしたら私だけが気にしているポイントもあるかもしれないのですが、「わかる!」と思ってくださる方がいらしたらうれしいなと思って、ご紹介してみました。

気になった方はぜひとも、オンラインショップをのぞいてみてくださいませ。
見た目もとてもかわいいので、贈りものにも素敵だと思います!

画像7

ご来店、お待ちしております!

スキいっぱいあんじゃん
33
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 107本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。