見出し画像

腹を割って話すナイト〜あなたの犬(たらればさん)と「好き」を考える〜

旅に出ようやーー。

水曜どうでしょうの藤村D・嬉野Dによる月刊マガジン創刊に合わせ、
東京にてD陣と腹を割って語り合うイベントが開催されます!

【5月12日追記】
前売チケット即完売御礼!会場のご厚意につき緊急増席が決定しました!
若干枚数のみ増席、お見逃しなく!

【増席情報】
受付開始:5月13日(月) 20時30分~
受付枚数:若干枚
(先着順/指定席制)

お申し込みはこちら!

-------------------------------------------------------------------------------------

《腹を割って話すナイト》
〜あなたの犬(たらればさん)と「好き」を考える〜

第4回目となるイベントの無責任編集は、Twitterアカウントの犬のアイコンでおなじみ、たらればさん。

テーマは「「好きなこと」や「やりたいこと」が見つからない人へ」です。

(※当イベントは飲食持ち込み可能です。時間が許せば、参加者のみなさまとも飲みながら腹を割って話せれば幸いです。)

----------------イベント概要----------------
日程:2019年5月26日(日)
タイムテーブル:
17:45-18:00 受付開始・開場
18:00〜 第1部 藤村D×たられば編集長
19:15〜 第2部 嬉野D×たられば編集長

※タイムテーブルは進行上の都合により、前後する場合がございます。
※会場では軽食など、飲食物のお持ち込みが可能です。その場合に出たごみなどは必ずお持ち帰りください。また、会場では飲食物の販売は行っておりません。予めご了承ください。

会場:株式会社ピースオブケイク
(東京都港区北青山3丁目1番2号 青山セント・シオンビル4階)
------------------------------------------------ 

お申し込みはコチラ

藤やん・うれしーと人生を旅するマガジン『Wednesday Style』創刊!

「水曜どうでしょう」を生み出したディレクター陣(藤村忠寿・嬉野雅道)が、人生に役立つ(かもしれない)、日々のエッセンスをお届けします。

マガジン創刊についてのおふたりの対談記事はこちらをご覧ください。

そしてD陣にマガジンの「テーマ」をおみまいするのは、毎月お迎えする「無」責任編集長。

・番組のマル秘エピソードや裏側
・ものづくりの哲学
・人生を楽にするヒント

藤村D・嬉野Dの「行き方・考え方=スタイル」をゲスト編集長が聞き出します。

第4号の「無」責任編集長はたらればさん。
Twitterでもおなじみ、古典作品からSNSまで、幅広い視野・知識・愛で言葉を発信し続ける現役の編集者はおふたりから何を聞き出すのか。

・「好きなもの」「やりたいこと」ってなんだ―――。
・言葉が溢れる時代に、「好き」を言葉や形にしていくことについて。
・「やりたいこと」を仕事にするとは?

ひとりひとりが自由に発信できる・繋がれる時代だからこその、古くも新しいテーマについて、「好きなこと」「やりたいこと」を追求し続ける3人が考えます。
---------------------------------------------------------------------------------------
こちらのイベントでの対談を元に、加筆・編集を経て『Wednesday Style』のコラムが配信されます。

過去の対談記事も配信中!こちらのイベントも購読者先行販売中です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

これ以上 スキがあったら僕は死にます
69

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。