見出し画像

装い新たに、綺麗な珈琲を届けます。(ラインナップご紹介)

(2/17追記)完売いたしました珈琲豆は、再度、3/8 朝10時より受注販売いたします。

ーーーーー
こちらは、「うれしーの珈琲」商品紹介のページです。

コーヒーバッグは売り切れ次第終了ですが、珈琲豆は売り切れ後も受注販売いたします。詳しくは見出しより「今回の販売方法」をご覧ください。
ーーーーーーー

今回の珈琲のラインナップは、
●うれしーの珈琲(エチオピア ウォッシュト&ナチュラル)100g 1400円

●うれしーの珈琲(コロンビア アカマルフレンチ)100g 1400円


●仔鹿印 うれしーの珈琲♡コーヒーバッグ《いろはの「い」》1350円

目次の●のついた項をクリックしていただくと、さらに詳しい紹介へ飛びます。

《新展開の「仔鹿印 うれしーの珈琲」の美味しさについて!》

さて、値段の大幅値上げの釈明はお読みになりましたね。
それでは今回の珈琲の美味しさの話をします。

今回から珈琲パートナーになってくれる岡山の「キノシタショウテン」の珈琲、これも抜群に美味いんです!
使ってるコーヒー豆もスペシャルティコーヒーのトップオブトップの豆。
上質の豆を使う。
これはもう今やうれしーの珈琲としては当たり前のことです。

ただ、これまでと違ってちょっと面白いのは、オーナーの木下くんと珈琲の相性です。

木下くんはon年39歳の若さで岡山に5店舗からのカフェを展開して、もちろん豆も産地へ飛んで自ら購入してくるほどのツワモノです。
この木下くん、珈琲商売を始めて20年になるそうですが、
「初めは珈琲が飲めなかったんですよ」と木下くんは語るのです。

ゼロからのスタートというのは聞いたことがありますが、木下くんの場合はマイナスからのスタートです。
「吐いちゃうこともあったんです。でも、あるとき自分でも飲める珈琲があったんです。それが飲めるだけじゃなく実に美味しかったんです。出会いでした」
木下くんはそう語るんです。

だからでしょうか、木下くんは珈琲の味を評価するとき、
「綺麗な味なんですよ」
「やっぱり味が綺麗なんですよ」
と珈琲の味に綺麗という表現を使うんです。
たしかに珈琲の持つエグミが木下くんの扱う珈琲には全くないのです。
そこが新たな魅力です。
これはだから珈琲が苦手な人にもキノシタショウテンの珈琲は意外に飲めるのかもしれないという、そんな期待もあります。(^^)

今回、ご提供するのは2つの味。
コーヒーバッグ・コーヒー豆の両方で「エチオピア ナチュラル&ウォッシュト」「コロンビア アカマルフレンチ」の2つの味を展開いたします。

まずはエチオピア。
もともと「キノシタショウテン」のエチオピアナチュラルの浅煎りはバツグンに美味いのです。
今回はこれに更に同じ豆で生成方法の違うエチオピアウォッシュトをブレンドすることにより、最初に口に含んだ時の華やかさがストレートに印象的に残る美味しさになっています。

もう1つはコロンビア。
これは「うれしーの珈琲」では初の深煎りです。
その名もコロンビア アカマルフレンチ。
ですが焼き上がりはいわゆる世間に出回っているフレンチのように真っ黒くなって表面に油が浮いてツヤツヤしているフレンチとは大きく違い、それほど黒くなっていないし油も浮いてない。どうやら熱風で焼いてはいないようなのです。
詳しいことは分かりませんが、世間の深煎りの味とは明らかに一線を画する味になっています。

「キノシタショウテン」とコラボした今回の2つの味にどうぞご期待ください。

それでは今回のラインナップを詳しくご紹介いたします。

仔鹿印 うれしーの珈琲♡コーヒーバッグ
《いろはの「い」》 
1350円

「エチオピア ナチュラル&ウォッシュト」
「コロンビア アカマルフレンチ」の各2個入り(珈琲おみくじ付き)

それぞれのお味は、ここまでの「美味しさについて」でご説明いたしましたので、ここからは《開運 珈琲おみくじ》についてと、《珈琲バッグの抽出方法》について詳しくご説明いたします。

《開運 珈琲おみくじ》

今回、コーヒーバッグ(2種4杯分)の料金が大幅に値上がりいたしますが、値上がりの理由は再三書きました通りなんでありまして、けしてわたくしの私利私欲のためではないのでありますが、
それでも値上げはなんだか申し訳がなく、何かできんだろうかと考えるうち、不肖うれしの思いつきましたことが「開運 珈琲おみくじ」なるものでありました!

勿論おみくじの文面は、このわたくしめが、まったくもってありがたい言葉を神様仏様のお導きによりまして、お筆先より書き連ね、
「なるほど!これさえ読めば我が開運疑いなし!」
と、皆さまご納得にいたる言霊でもって鋭意完成させ、この文面をうちのデザイナーくまくまが、これまた実にいいあんばいのデザインに落とし込みまして「嬉野珈琲店」精一杯の誠意と熱意でもって作成いたしました皆さまへの心ばかりのお届けものでございます。

仕事の合間、家事の合間、子育ての合間、勉強の合間、恋愛の合間に、幸せに美味い「うれしーの珈琲」を飲み、珈琲おみくじをお引きになりますれば、開運たちどころに至りまして目の前の暗雲はいっときに掻き消え、運気、晴れ渡る紺碧の空へ吸い込まれるがごとくたちまち上昇するという、良いことずくめの「開運珈琲おみくじ」でございますれば、
なにとぞ、皆さまには、心安んじてお納めくださいますよう願い上げるばかりでございます。

《コーヒーバッグの抽出方法》

肝心の珈琲の抽出方法ですが、今回のコーヒーバッグは、これまでのドリップバッグとは形式が違います。

お湯を落とすのではなく、Teaバッグのようにカップに用意したお湯の中に丸ごと浸けてしまう新方式です。ですから名称もコーヒーバッグとなるのです。
Teaバッグと違うところは糸で吊るして上下させながら攪拌を促すのではなく、バッグに連結した爪楊枝状の硬い繊維でお湯に浸けたバッグをツンツン突つきながら攪拌を促します。
この方式により珈琲は均等にお湯の中に抽出されるので味に失敗がありません。

美味しい淹れ方を実地でご紹介すべく、動画もご用意いたしました。

さて続きまして、今回の通販のメインとなりますコーヒー豆2種のご説明です。

うれしーの珈琲(エチオピア ウォッシュト&ナチュラル)
100g 1400円

今回の豆はナチュラルとウォッシュトをブレンドしました。
この2種類のブレンドにより最初に口に含んだ時の華やかさがストレートに印象的に残る美味しさになっています。

●うれしーの珈琲(コロンビア アカマルフレンチ)
100g 1400円

「うれしーの珈琲」初の深煎りです。
昔の喫茶店を思わせるような重厚な香りと味わい。ビターチョコやカカオ、キャラメルの特徴があります。

《「うれぽん」お買い上げの皆さんへ!》

今回の「嬉野珈琲店」のコーヒー通販、実は、豆の販売がメインでありました。
なぜそうか!
その理由は「うれぽん」をお買い上げいただいた皆様に対して、
「あの日から美味しいコーヒー豆の供給が出来てない!」
というわたくしの焦りであります!

せっかくうれぽんを買ってくだすった皆さまが、美味しいコーヒーを淹れようにも豆が無くて、今このときも、いたずらにうれぽんを手にしたまま手をこまねいてお待ちになっておられる!これはいけない!
このままではあまりにもお買い上げくださった皆さまに申し訳がない!
この上は、皆さまに、すみやかに美味しい珈琲豆の供給をしてお喜びいただかなければ!
ただただ、その思いばかりが募っていたのであります!

しかしながら「チャンネルはそのまま!」の撮影が53日間続き、その後に続いた編集、音楽付の立会い、その他もろもろの仕事や移動に追い立てられ、思うように珈琲通販の作業が進まぬ中、それでもわたくしは時間を作っては岡山へ飛び、新しいコーヒーパートナーの木下くんと会い、思いを語り、打ち合わせをし、とうとうこの日を迎えたのであります!

皆さま!
本当にお待たせいたしました!
美味しいコーヒー豆の通販!
2/17(日)10時より開始!
でございます!

《今回の販売方法》

今回は、皆さま方に漏れなく豆が行き渡りますようにと、知恵を出し合いまして、豆は受注生産で販売することといたしました。
ですから、お買い求めいただきまして発送するまでに少々お時間をいただきますが、こうしますと、お求めになりたい皆さまの多くにお買い上げいただけるものと思うのであります。
そして豆の販売も今回は三度に分けて、ある程度長期に渡って行うのであります。

豆の販売スケジュールは以下の通りでございます!

*まず、第一回のコーヒー豆販売の日程は2月17日朝10時より。
初回は、豆100g75個×2種 計150個と個数限定で販売いたします。
1回目だけは個数限定となりますので売り切れ次第終了となります。
※ここで注意!※
豆以外の商品(コーヒーバッグ、カップ類)は注文後3〜5日で発送ですが、第一回の豆は3/3〜発送ですので、豆以外とあわせて豆も一緒に買われますと、全ての商品がまとめて一律に3/3〜発送となってしまいます。
豆も買いたいけれど、豆以外は一刻も早く届けて欲しいという方がおられましたらお手数ですが「豆だけ」と「豆以外」の2回に分けて注文いただくとよろしいかと思われます。(発送日は前後する可能性がございます!悪しからずご了承ください)

*そして、第二回目の豆の受付期間は2月22日(金)10時開始〜28日(木)20時までとなります。
ラインナップは同じく豆100g2種です。(2回目から数量制限はありません。追加注文もご遠慮なく!)

第三回豆の受付期間は3月8日(金)10時開始〜14日(木)20時まででございます。
ラインナップは変わらず豆100g2種です。(こちらも数量制限はありません。追加注文もご遠慮なく!)

第三回目のコーヒー豆販売の受付は、第一回と第二回からちょっと日をあけて開催しております。
その心は、第一回でお買い求めいただきました豆を、残りを気にすることなく飲んでいただこうというものでございます。
「買ったし一回は飲んだし美味しいのだけど、なくなっていくのが寂しくて最後まで飲めない」
という声を多数いただきましたので、第一回で買った珈琲が少なくなってきて、新鮮な豆をさらにお求めになりたい方々に向けてのスケジューリングとさせていただきました。
第一回の通販で2種類両方の豆をテイスティングしておいて、お気に入りの豆を第三回にて買いだめていただく、そのような段取りも大歓迎でございます。

そして、ここまでご説明してまいりましたスケジュールを、カレンダーにまとめたものが以下にこざいます!
どうぞこちらをご参照のうえ、お買いもののご予定を立てていただけましたら幸いでございます。

さあ皆さま!以上が今回の「うれしーの珈琲」のラインナップでございます。

加えて、珈琲バッグの淹れ方動画で使用しているガラスのコーヒーカップや、仔鹿のシルエットがかわいいカップなんかもお店に並んでおります。こちらもぜひ、ご覧くださいませ。

新しくなった「うれしーの珈琲」を、どうぞ、よろしくお願い致します。

亭主敬白

ーーーーーーー
ご紹介した商品は、
2/17(日)10時よりuresiino coffeeショップよりお買い求めいただけます。

新しいうれしーの珈琲ももちろん、間違いない美味しさです!

ぜひご賞味くださいませ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

ホワイト・スキ・カモン!
95

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。