4月の嬉野珈琲店、ラインナップ。
見出し画像

4月の嬉野珈琲店、ラインナップ。

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)

4月1日(木)20時スタート、嬉野珈琲店4月の通販ラインナップをピックアップしてご紹介します!

◎「仔鹿紅茶」待望のブラックティー「ディアダージリン」が新登場です!

◎フレーバーティーの新作は「フレーズ エ ペシェ」桃とベリーがふんわり香る春らしい紅茶です。

◎珈琲は引き続き、カフェオレにおすすめ「エチオピアのカフェオレ」、そして浅煎り焙煎で様々な品種をお届けする「サーカス!」の2種類です!

◎完売しておりました「仔鹿印のグラノーラ」も入荷します!

お買いものはオンラインショップ↓でどうぞ!

3月31日12時〜は「どうで荘」入居者の先行販売期間となっています。

4月1日20時〜、一般発売がスタートいたします!

「どうで荘」は初月無料キャンペーン中!ぜひこの機会に、ご入居お待ちしています!

また、4月1日19時ごろからは嬉野珈琲店インスタライブ配信を予定しています。ぜひご覧くださいませ。

仔鹿紅茶 [cojika tea]

画像1

-
ちいさな街の片隅に、ひっそり佇むティールーム。

古いカメラ、仔鹿のオブジェ、美味しい紅茶にあまいもの….。

どんな日もあたたかくむかえてくれるそんなお店をイメージして、
「仔鹿紅茶」をつくりました。

ゆったりと腰をおろして、美味しいお茶をどうぞ。
店主・嬉野が、あなたのためのお席を用意してお待ちしています。

【NEW】ディアダージリン ¥1,520-(税込)/40g

画像11

渋みが特徴のダージリンを、ケニアティーと程よくブレンドして飲みやすく仕上げました。まろやかな甘みのある香りと口当たりで、ホットでもアイスでも美味しく召し上がっていただけます。

嬉野です。
いよいよ仔鹿紅茶・ストレート茶葉のブレンドティー第二弾として「ダージリン」が登場です。渋みの奥にしっかりと甘味も感じられて実にボディー感のある雄々しい味わいです。なので品名も「ディアダージリン」とし、パッケージの仔鹿にも思わず雄々しくツノが生えています。気圧も激しく乱高下して何かと気持ちも動揺しがちな春、仔鹿紅茶の「ディアダージリン」を淹れながら、春の嵐をやり過ごし、青葉萌え上がる初夏を長閑にお待ちくださいませ。わたくしも、お買い上げ、お待ち申しております。

画像3


【NEW】フレーズ エ ペシェ ¥1,520-(税込)/40g

画像4

軽やかなインドドアーズ産の紅茶を使用し、スイートな苺の風味に桃のフレッシュさを加えた春らしいフレーバーティーです。苺のお菓子やカラフルなデザート達にも相性ぴったり。ホットではもちろん、これからの季節はアイスティーでもおいしく召し上がっていただけます。

画像5


【NEW】耐熱フレーバーグラス チューリップ ¥1,650(税込)

画像7

チューリップのようなフォルムが目を惹く、耐熱ガラス製のグラス。
こちらは冷たいものはもちろん、温かい飲み物にもお使いいただけるちょっとめずらしいグラスです。

画像8

飲み口は普通のワイングラスよりも少しだけ厚手な印象で、優しい口あたり。洗い物の際もヒヤッとしないので出番が増えそうです。さらに電子レンジ、食器洗い乾燥機も使用でき、このまま電子レンジでホットワインだって作れてしまうのです!

画像9

テーブルにあるだけでぐっと特別感が増して、華やいだ気持ちにしてくれる脚付きのグラス。紅茶やコーヒー、お酒の時間にもぜひ!


【NEW】フィルターインボトル・ポータブル / HARIO ¥2,200(税込)

画像6

これからの季節におすすめの、持ち歩きができるフィルター付きボトル。飲み口の内側にフィルターメッシュがセットされていて、水出し紅茶などを手軽に作れます。茶葉をセットしてかばんに入れておけば、会社などでもお気に入りの紅茶でほっとひと息つくことができそうです。

紅茶マダムに教わった美味しい水出し仔鹿紅茶のレシピはこちら↓。


【NEW】カークボトル / HARIO ¥2,750(税込)

画像10

横置き保存ができる、フィルター付きの角型ボトル。1,200mlの大容量で一般的な冷蔵庫のドアポケットにも収まるサイズです。フタ部分はホワイトで、すっきりとしたデザイン。水出しのお茶はもちろん、フレーバーウォーターなどもたっぷり作って保存できます!


ジャンピングティーサーバー / HARIO ¥1,980(税込)

画像13

画像14

約2杯分(350cc)のお茶を淹れるのにちょうどよいサイズのティーポット。茶葉がジャンピングしやすい形、茶こしがいらないフタ、分解できる洗いやすいパーツ…と、たくさんの「使いやすい」がつまっています。

紅茶マダムに教えてもらった美味しい紅茶のコツのひとつは、「ポットの容量にあった量でお茶を入れる」こと。1杯しか飲まないから…と大きなポットで少ない量のお茶を淹れると、なかなか美味しく入らないのだそうです。

こちらのポットは350cc。約2杯分が美味しく淹れられます。
2人でお茶を飲むときはもちろん、1人でもあたたかいまま飲みきれる何かと使い勝手の良い量だと思います。

フタには目の細かい茶こしがセットされていて、これだけできれいに茶葉を漉すことができます。フタや底面のパーツは分解して洗浄が可能。手のひらにおさまるくらいのサイズ感で扱いやすく、「茶葉で紅茶を淹れる」というハードルがぐっと下がります!

丸いガラスの本体はこのままテーブルに出しても可愛らしく、水色(すいしょく)も楽しめます。茶葉がゆっくり落ちていく様子をゆっくり眺めるのも綺麗です。

紅茶を淹れるのがより楽しくなりそうな、使い勝手の良いティーサーバーです。


ティースプーン ¥396(税込)

画像15

「ティースプーン」と聞いてほとんどの人が思い浮かべるスプーンは、実は「コーヒースプーン」という小さいスプーンなのだそう。レシピで「ティースプーン○杯」と書かれているときのスプーンは、本当はこのサイズなのです。

レシピ通りの1杯分(約2g)がきちんとすくえるこちらのティースプーンは、黒くなりにくい艶消しのステンレス製。しっかりとしたつくりです。持ち手の縁取りも控えめながらかわいらしく、上品でエレガントなイメージです。

探すとなかなかないこのサイズのティースプーン。
紅茶研究の手始めに、1本あると安心です。


うれしーの珈琲 [uresiinocoffee]

画像16

-
「水曜どうでしょう」カメラ担当ディレクターの嬉野雅道が、行きがかり上プロデュースすることになった「うれしーの珈琲」。コーヒーパートナー・木下さん(キノシタショウテン)と一緒に、上質なコーヒーをお届けします。


うれしーの珈琲・エチオピアのカフェオレ
¥1,425-(税込)/100g

画像11

嬉野です。
カフェオレに美味しいようにと焙煎を深目にした「エチオピアのカフェオレ」。これは私の大好物のエチオピアナチュラルをいつもより深めに焼き上げて、濃厚な牛乳で割って美味しく飲めるようにと仕上げた深い焙煎度合いの珈琲でございます。
淹れ方はロイヤルミルクティーのように鍋に珈琲の粉やら牛乳やらを投入して65℃まで沸かすという荒々しいもの。これ、簡単に美味しく淹れられる動画を撮影してきましたので、後ほど嬉野珈琲店のYouTubeでご覧ください。もちろん深煎りの珈琲として"うれぽん"でドリップしていただいても美味しい。


うれしーの珈琲・サーカス!
¥1,425-(税込)/100g

画像12

これは、焙煎度合いを"私好みの浅煎りに固定した枠"で、その枠にその都度キノシタショウテンがお勧めの珈琲を提供してくれるというもの。私はこの枠が楽しみで(^^)
と言いますのも、そもそも私の好みがエチオピアナチュラルの浅煎りだと言ってもですね、その味は珈琲店によって焙煎の方法も仕入れる農園も違うので、まったく別物だといってもいいくらいなのが実情です。なので、かねてからその事実に驚き首を傾げておりました私などには、たしかに、いっそ品種のことなんか忘れて味を楽しむ、こんな珈琲の味体験もあるなぁと今から楽しみなのでございます。もちろんその都度変わる珈琲の品種はお知らせしますが、目隠しでお買い上げになられてお試しになるのが私としてはお勧めです。そして豆の品種の前に「これが浅煎りか」と焙煎の火加減を意識して呑んでいただきたいのでございます。それに、「浅煎りの珈琲」と枠だけを目隠しで固定させていただければ、とても皆様全員にはご提供できない収穫量の少ない農園の希少な豆も、ご紹介、ご提供、ともにできるので、こんな試みもちょっと他所では体験できないことになるわけで、これまた大きな楽しみの1つと思えるのでございます。

いったいどんな出し物が出てくるのかとワクワクする試みということで「サーカス!🎪」という名前で、これからはご提供させていただきます。
どうぞ皆様お楽しみに。

現在のの「サーカス🎪」の豆は、インドネシア(リントン地区ニフタ村)です。亭主の驚きの感想はこちらからお読みください。(4月1日追記)


V60 ドリップスケール ¥6.600-(税込)

画像17

珈琲や紅茶のレシピを再現するのにとても便利な、スタイリッシュなデジタルスケール。重さと時間をはかることができるので、これがあればタイマーを別にセットする必要がないのです。意外に薄くて場所も取りません。


仔鹿印のグラノーラ (200g) ¥1382-(税込)

画像18

昨年ご好評をいただいたキノシタショウテン特製の「仔鹿印のグラノーラ」、今年も登場です!

キノシタショウテンのグラノーラは、通常よりも大きめの、しっかりとかみごたえのある食感が特徴です。ドライフルーツや大きめのナッツもふんだんに使われ、満足度の高いグラノーラに仕上がっています。

そのままでも美味しく召し上がれますが、牛乳やヨーグルトにゆっくりつけると、ほどよく柔らかくなってより美味しくお召し上がりいただけます。

画像19


お買いものはオンラインショップで!

画像20

以上、4月のラインナップをピックアップしてご紹介しました!
ほか、オススメの珈琲ドリッパー「うれぽん」も入荷します!

お買いものは4月1日(木)夜20時より、オンラインショップで!

https://ursiicoffee.official.ec/

4月もご来店お待ちしております!

画像21


これ以上 スキがあったら僕は死にます
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。