見出し画像

【亭主より】予告!夏になると恋しくなるのは…。

こんにちは、嬉野です。
北海道以外の地域では、もうずいぶん暑い日が続くと聞き及びますが、やっぱり夏の声を聴きますと恋しくなるのが冷たいコーヒーでございますね。

このように今年も「水出しコーヒー」の季節となり、相変わらずステイホームの続きます今年、嬉野珈琲店より皆さん方にお勧めしたい商品が一つございます。

実は、珈琲器具メーカーのハリオさんが、なんともお手軽な水出しコーヒー抽出器具を開発されまして、嬉野珈琲店でもぜひ試してみてくださいとご提案くださいましたので、さっそく岡山のキノシタショウテンの木下くんに、この器具を使って「うれしーの珈琲」を美味しく水出し抽出するレシピ開発を依頼しましたところ、木下くんも乗り気で、この度、レシピが出来上がりましたので、わたくし、早速自宅で、その通りにこのハリオさんの器具を使ってやってみましたら、これがたいそう美味しかったので(^^)
さっそく皆さんにご報告することにしたのでございます。

画像1

商品名は「ハリオのウォータードリッパー・ドロップ」。
この器具を使えば、現在、販売しております「うれしーの珈琲・コスタリカ」「タンザニア」どちらの豆でも美味しく水出しコーヒーを抽出することができます。それもたった1時間ほどで抽出できるのです。

そして今回のこの器具もまたまったくのテクニック要らずなのでございます。素晴らしい。

水出しコーヒーの味の不思議なところは、ホットで淹れたときよりも、なにかもっとクリーンで、もっとふくよかで複雑な味わいが楽しめるところです。そして、まったく温度を上げずに長い時間をかけてゆっくり水の滴で抽出するからでしょうか珈琲の甘みが明らかに立つのです。

焙煎の深い「うれしーの珈琲・タンザニア」なら50gのコーヒー豆に対して500ccの水で、焙煎の浅い「うれしーの珈琲・コスタリカ」なら40gのコーヒー豆に対して500ccの水で、味わいの違った美味しい「水出しコーヒー」すなわち「コールドブリュー」が出来上がります。

あんまり美味しく出来上がるから(^^)
水出しする手間が楽しくなります。

まもなく当店のラインナップに加わりますので、それまでは、キノシタショウテンで撮影してくれた動画をご覧になりながらどうぞ、お楽しみにお待ちくださいませ。

亭主敬白。

----------

◎動画はこちらからご覧ください。

----------

◎販売開始しました!ちいさなおまけ付き、珈琲豆とのセットは数量限定です。


スキいっぱいあんじゃん
67
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 103本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。