リリース記事カバー

腹を割って話すナイト~水曜どうで症 診断~

旅に出ようやーー。

水曜どうでしょうの藤村D・嬉野Dによる月刊マガジン発刊に合わせ、

東京にてD陣と腹を割って語り合うイベントが開催されます!


腹を割って話すナイト~病理医ヤンデル先生の水曜どうで症診断~

水曜どうでしょう、そして4人はなぜあれだけ愛され、視聴者を癒し続けているのか?

Twitterでもおなじみ現役の病理医、ヤンデル先生が診断を下します。
お申し込みは下記より!


(※当イベントは飲食持ち込み可能です。時間が許せば、参加者のみなさまとも飲みながら腹を割って話せれば幸いです。)

----------------イベント概要----------------

日程:2019年5月11日(土)
タイムテーブル:
18:30-18:45 受付開始・開場
18:45〜 第1部 藤村D×ヤンデル編集長
20:00〜 第2部 嬉野D×ヤンデル編集長

※タイムテーブルは進行上の都合により、前後する場合がございます。
※会場では軽食など、飲食物のお持ち込みが可能です。その場合に出たごみなどは必ずお持ち帰りください。また、会場では飲食物の販売は行っておりません。予めご了承ください。

会場:株式会社ピースオブケイク
(東京都港区北青山3丁目1番2号 青山セント・シオンビル4階)

------------------------------------------------

藤やん・うれしーと人生を旅するマガジン『Wednesday Style』創刊!

「水曜どうでしょう」を生み出したディレクター陣(藤村忠寿・嬉野雅道)が、人生に役立つ(かもしれない)、日々のエッセンスをお届けします。

マガジン創刊についてのおふたりの対談記事はこちらをご覧ください。

そしてD陣にマガジンの「テーマ」をおみまいするのは、毎月お迎えする「無」責任編集長。

・番組のマル秘エピソードや裏側

・ものづくりの哲学

・人生を楽にするヒント

藤村D・嬉野Dの「行き方・考え方=スタイル」をゲスト編集長が聞き出します。

第3号の「無」責任編集長は、病理医ヤンデルさん。
現役の医師として働かれるかたわら、Twitterやブログ、著書を通じて、「病院」や「医療」を身近にしているヤンデル先生。

ヤンデルさんから提示されたテーマは、
「藤村・嬉野両氏はぼくら(医者)よりもよっぽど上手に人々を「癒している」説」です。

・つくる側のお二人にとって「どうでしょう藩士」という存在とは?
・「どうでしょう」やおふたりが、視聴者の「癒し」「居場所」になるということについて
・そもそも今の時代「癒し」「居場所」ってなんだ?

「どうでしょう」、そして「どうでしょう」をつくるおふたりの思考や魅力に迫ります。

---------------------------------------------------------------------------------------
こちらのイベントでの対談を元に、加筆・編集を経て『Wednesday Style』のコラムが配信されます。

過去の対談記事も配信中!
ぜひ無料部分からお読みください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

なんでそんなにスキ増えたんだよー
53

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。