茶葉のコクと旨味をひき出す、「水出し紅茶」の作りかた。【レシピ】
見出し画像

茶葉のコクと旨味をひき出す、「水出し紅茶」の作りかた。【レシピ】

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)

嬉野珈琲店の仔鹿紅茶は、ホットはもちろんアイスティーでも美味しくお飲みいただけます。

これから少しずつ暖かくなる季節に合わせ、短い時間でもコクと旨味をしっかり引き出すことができる「水出し仔鹿ティー」の作りかたを紅茶マダムに教わってきました!

まず少量の熱湯で茶葉を蒸らし、そこにお水を注いで水出しにするレシピです。とっても簡単なので、ぜひ一度お試しくださいませ。

(フィルターインボトルではなく普通のポットで作る場合は、市販されているお茶パックに茶葉を入れて同じ方法で作ることができるそうです!)

画像1

用意するもの

仔鹿紅茶 5g (15g)
熱湯 150ml (200ml)
浄水器の水またはミネラルウォーター 250ml (1000ml)

フィルターインボトル(またはカークボトル)
デジタルスケール

※()は「カークボトル(容量1200ml)」の場合の分量です。
※沸かして冷ましたお水などは保管の際に傷みやすくなってしまいますので、浄水器の水またはミネラルウォーターをお使いください。
※冷やしたお水を使うと、より短い抽出時間で出来上がります。


作りかた。

1.フィルターインボトルに茶葉を5g(15g)計り入れ、熱湯150ml(200ml)を注ぐ。(ボトルをスケールに乗せ、計りながら茶葉やお湯を入れていくと良いです)

画像3

画像4


2.ボトルのフタをかぶせ、15分ほど蒸らす。
(お急ぎの場合は5分程度でもよいですが、ここで15分ほどしっかりと蒸らすとコクと旨味が引き出されます)

画像4

3.浄水器の水、またはミネラルウォーターを250ml(1000ml)注ぎ、15分ほどおいたら完成です!

画像6

画像5

※保存する際は冷蔵庫に入れ、3日程度で飲みきってください。

画像8

仔鹿紅茶の茶葉は嫌な渋みが出にくいので、茶葉を抜かなくても良いのが嬉しいところ。

作り置きができて、おもてなしの機会にも重宝しそうな水出し紅茶、ぜひお試しください!

画像9

最後に、4月から新登場の2種類の仔鹿紅茶をを使ったアレンジも教えていただきましたのでご紹介いたします!

◎仔鹿紅茶フレーズエペシェ
アイスティー200mlに大さじ1程度の炭酸を加え、少しシロップで甘みを足す。ほどよくすっきりとした微炭酸のアイスティーに。

◎仔鹿紅茶ディアダージリン
アイスティー100mlに対して炭酸を50mlほど入れる。シャンパン風のアイスティーに。

画像8

お好みの飲み方を見つけて楽しんでいただけたら嬉しいです。

ぜひお試しくださいませ!

◎4月の嬉野珈琲店ラインナップはこちらでご紹介しています。お買い物は1日(木)20時から!オンラインショップでお待ちしております。

オンラインショップ↓

https://ursiicoffee.official.ec/

スキいっぱいあんじゃん
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。