新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【亭主より】みなさんの温かい飲み物が。

春。
4月でござんす。
えぇ嬉野でございます。

本日も、全国の持ち場で奮闘されております皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

まぁそんなこと聞きましてもね、相変わらずのコロナ騒動で、健康面に、経済面に、何かと心細い感じでございますよね。
ですから、やっぱり、この騒動が終わりますまで、不安は不安としてありますよね。
しかしながら、人間には朗らかな日常も必要でございます。

もちろん気は引き締めて。
でも、ちょっと思いついたら肩の力を抜いてね、ひと息入れる。これも大事なことでございます。

この両方で、この騒動に当たるのが宜しかろうと思います。

今般の新型コロナウイルスは、肺に侵入する前に3〜4日喉の中に滞留するんだそうですね。だから"うがい"はとても有効、だそうですよ。

それと、頻繁に温かい液体を飲むと、これもいいのだそうですね。
仮に口のなかにウイルスがいたとしても、お白湯など温かい液体を飲みますと一緒に流し込まれて胃に落ちて胃液で中和されてしまうそうですね。

ですから、お白湯でも、スープでも、あるいは日本茶、紅茶、もちろん"珈琲でも"良いのだそうでございます。

ですからね、皆さんが毎日お飲みになる温かい飲み物の10回に1回ほどがね、うちの「うれしーの珈琲」になるんだったら、それもまた、皆さんのお役に立てるようで嬉しいねぇと、わたくしどもは思うのでございます。

そしてね、うちの珈琲豆が、たくさん、たくさん売れるようなことにでもなりますとね、私のコーヒーパートナーである、岡山のキノシタショウテンの木下くんも、この時期のことでございますから、たいそう助かると思うのでございます。

もちろん、珈琲の味は皆さん、今回も保障付きでございます。
美味いです。

さらに今回は、久々に「コーヒーバッグ」も登場でございます。
これはね、カップに入れた熱いお湯に、このコーヒーバッグを入れましてね、ツンツンつつきながら攪拌するだけで美味しい珈琲が頂ける優れものでございます。
これ、いつも人気なんですがね、どうしても、あらかじめ数量を決めてしまわないと作れないので、今回も数量限定でございます。

これ、手軽にツンツンして美味しく飲めますんでね、どうぞお試しくださいませ。

本当にもう一度ね、心の底から、朗らかに穏やかに、そして健やかに日をおくれます、あの日常が、1日も早く戻って参りますよう、ここ今しばらくは、努めて、人と楽しく騒いだりを我慢して、自分のお家に引きこもることに楽しみを見つけ、前向きに閉じこもることに集中いたしましょうぞ。
もちろん「うれしーの珈琲」を飲みながら。

あ、10回に1回ね。
いや、う〜ん15回に1回、でもいいね。

では皆さん、どうぞお元気で、本日も朗らかに解散でございます(^^)

嬉野雅道

画像1

ーーーーーーー

◎ツンツンコーヒーは11日(土)朝10時〜、その他の珈琲は常時お求めいただけます。

◎【温かい飲み物とご一緒に】嬉野珈琲店の「読みもの」をどうぞ。

◎ボリュームたっぷり!マガジンの記事もおすすめです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

四国でクリームスキ食ったろ!
90
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

この記事が入っているマガジン

嬉野珈琲店
嬉野珈琲店
  • 96本

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのファンの集合場所としてもオープンします。 ​ 嬉野さんの最新情報やイベント告知などもお知らせ。 ​ 訪れる人、一人ひとりとつくっていく喫茶店です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。