スクリーンショット_2019-08-21_13

技術のない珈琲屋がオススメ。初心者が美味しいコーヒーを淹れるための「間違えない」ドリッパー。《うれぽん》

いちばん詳しいうれぽんの記事。

ご好評をいただいております、技術いらずで美味しいコーヒーが飲める優れもののコーヒードリッパー「うれぽん」。
世間ではクレバードリッパーと呼ばれているようですが、嬉野珈琲店ではもっぱら「うれぽん」として親しまれています。
嬉野さんがぽんっと置くとコーヒーが出てくることから名付けられました。

この記事は、これまで商品紹介でしか書かれていなかったうれぽんについて、新たな写真や説明を加えてまとめたものです。

「そろそろコーヒー、豆で買いたいな」
「とっておきのコーヒー豆だから、美味しく失敗なく淹れたい」
「うれぽん、気にはなっていたんだけど…」

という方にぜひ読んでいただきたい、これまででいちばん詳しいうれぽんの記事です。

ぽんっと置くだけ、うれぽんの使い方。

まずは、うれぽんの使い方をさっとご紹介しましょう。とっても簡単です。

①うれぽんにペーパーフィルターをセットする。
②コーヒー豆を入れ、お湯を注ぐ。
③ふたをして4分待つ。(待ち時間はコーヒーのレシピにより異なります)
④カップの上にぽんっと置く。

以上!
これだけで、カップの中には美味しいコーヒーの出来上がりです。

続いてうれぽんの魅力について、嬉野さんに詳しく伺いましょう!

美味しいコーヒーを淹れるしくみ。(嬉野です!)

嬉野です!
↓写真をよく見ると…

なぜお湯がこぼれない?
これが「うれぽん」の不思議。あなたは、豆の量、お湯の量を計って4分待つだけよ。
【誰もが美味しい珈琲を淹れられる画期的な器具】

嬉野珈琲店で初めて販売したコーヒー器具。それがこの「うれぽん」です。
これは画期的な器具です。
マジで誰でも珈琲が美味しく淹れられる驚きの珈琲ドリッパーなんです。これさえあればハンドドリップの技術なんか持っていない人でも珈琲豆本来の味がドンピシャ楽しめるのです。
珈琲の味に失敗することがないこの器具は、買いです!

【美味しい珈琲をどう淹れる】

そもそもどーやったら珈琲が美味しく淹れられるの?と、むかし珈琲界の重鎮(詳しくは嬉野道著『ぬかよろこび』参照)に聞いたことがありますが、けっきょく単純な回答はしてもらえなかったです。

でも聞かされた理屈はハッキリと単純でした。
それは珈琲の粉から均等にエキスを抽出することが出来れば美味しい珈琲が出来上がるというものでした。

ペーパーフィルターに入れた粉に細く湯を落とす。
一般的な珈琲の落とし方ですが、この方法で均等に抽出するには技術と訓練が要るのです。

でも、粉全体を初めから終わりまでお湯に浸けてしまえば、当然、粉全体からエキスは均等にお湯に抽出されてゆくはずです。
あとは、抽出を終えた粉を漉(こ)して、出し殻と珈琲の液体とに分けることが簡単に出来さえすれば美味しい珈琲が手軽に飲める。

その仕組みを実現したのがこのクレバードリッパーなのです。
仕組みは実に単純でした。
どーしてこんな単純な仕組みにこれまで誰も気がつかなかったのか。

クレバードリッパーはそんな気の利いたドリッパーです。
これはぜひたくさんの皆さまにお使いいただきたい!

嬉野でした!

うれぽんのしくみについてもう少しだけ。

嬉野さんは「うれぽん以前」「うれぽん以後」で、珈琲に対する需要が増えたのだそうです。
今では手回しの小さなミルと一緒に出張にもうれぽんを携行し、毎朝挽きたての豆でコーヒーを嗜まれているそう。さすがは我らが嬉野珈琲店亭主、旅先でも優雅な朝をむかえております!

さてここで、うれぽんの不思議のしくみについてもう少しだけ詳しくご説明させてください。

どうしてお湯を注いでもこぼれないのか?
それは…

うれぽんの裏側をご覧ください!底が二重になっています。
底面中央に、穴があるのがお判りでしょうか。こんな形→⊗の部分です。

上から見ると、

球状の栓でふさがれているのがわかります。

そう、これがうれぽんの秘密!

机の上など平らな場所に置いた状態では、栓は閉じたままです。
だからお湯を注いでも中の液体はこぼれず、コーヒー豆全体を均等にお湯に浸すことができます。

ところがカップの上にうれぽんを置くと、二重になった底の内側だけが上に押されて栓が持ち上がり、穴が開きます。
その穴から、コーヒーの液体だけがカップへと落ちるというわけなのです!

もちろんコーヒー豆はフィルターの中にとどまったままなので、抽出が終わったらフィルターごと取り出して、本体をさっと洗えば後片付けはおしまい。
お手入れが簡単なところも、うれぽんの良いところですね。

うれぽん、通販でのお求めは嬉野珈琲店にて。

以上、うれぽんのしくみと魅力をお伝えしました。

ぽんっと置いてコーヒーが出てくる様子は、こちらの動画で見ることができます。5分40秒あたりでコーヒーが落ちてきます!

うれぽんは、うれしーの珈琲オンラインショップでお取り扱いしております。

簡単に、美味しいコーヒーが淹れられるドリッパー。
ぜひ一度、お使いになってみてください(^^)

◎お求めはこちらのショップから↓

◎↓すでにお使いの皆さまの喜びの声をまとめました(^^)

◎コーヒーのおともに対談記事はいかがですか?人生を旅するヒントがつまっています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

スキいっぱいあんじゃん
36

嬉野雅道

『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

嬉野珈琲店

嬉野珈琲店では、 ​ 『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター「うれしー」こと嬉野雅道の コラム、エッセイ、旅日記、対談録など、 ふつうなのにほかにはない言葉を「読みもの」としてお届けします。 ​ また、オリジナル珈琲やグッズの窓口として、 仔鹿と言われる嬉野さんのフ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。