スクリーンショット_2019-11-01_10

うれしのまさみちのま#10「上京して初めてみた映画」

(嬉野珈琲店スタッフ投稿)

「うれしのまさみちの ま」♯10の配信が、アクトビラにてはじまりました!

“嬉野雅道が映画についてゆるゆると語るプログラム”
今回は嬉野さんが二十歳くらいのころ、上京して初めてみた映画からお話がはじまります。

「いたく泣いちゃった」というその映画は、悲恋と衝撃の物語。自分が愛した人が全くの虚像だとわかり、そのことで捕らえられた主人公は、それでも自分が思い描いた幻想を抱きしめて、ひとり死んでいきます。

「自分で思い描いた世界に生きている」登場人物に人間の孤独を感じ、惹かれたと語る嬉野さん。

映画、オペラ、絵本、ロボット…

さまざまな話題に触れながらも根底に流れるのは、

“「孤独」が前提である”

という嬉野さんの人生哲学。
一貫した視点からは前提を受け入れ、そこから生きていくのだという力強さが感じられます。

「高層ビルの回」、最終回!
ぜひご覧ください!


アクトビラの番組は、ご自宅のテレビをネットにつないで見ることができます。詳しい視聴方法などは、アクトビラの番組ホームページへどうぞ。

嬉野珈琲店でも、詳しい視聴方法をご案内しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

こっちから日が差してるから… スキです
21
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。